慢性疲労を改善して快適生活|健康食品メイクミーハッピー

物を忘れやすい場合

物を忘れやすい場合

スーツ

病状としての物忘れとは別に、物を忘れやすい人がいます。先天的な記憶力もあり、記憶が苦手な人もいます。何れにしても物忘れが激しい状態において、それを回避するために行なっておくべきことがあります。物忘れが激しいときは、メモ用紙を携えたり、ポストイットを壁に貼り付けておくと良いでしょう。エビングハウスの忘却曲線に見られるように、人間の記憶は、反復を重ねることによって強固なものになっていきます。初めて目にしたときは数時間で忘れてしまっても、何度もくり返しているうちに記憶が定着してくるのです。そのため大切なことは、完全に忘れてしまう前に、頭の中で思い出したり、脳に負荷をかけて復習するということです。

脳に負荷をかける

復習の際に注意しなければいけないのは、脳に負荷をかけなければ、記憶の定着には至らないということです。復習としてメモを見るだけでは、脳に負荷がかかりません。そして、間違えることも重要です。間違えることによって、脳が特別な信号を出します。それによって、次は間違えてはいけないという信号が出されるので、より記憶が定着しやすいと言います。物忘れが激しいということは、長い間思い出さなかったということでもあります。忘れたらまた覚えれば良いですし、忘れやすいことを自覚したらその上で対処すれば良いのです。またこれらを繰り返してもなかなか物忘れがなくならないケースもあります。そのときには一度サプリメントにも頼ってみましょう。サプリメントにはナットウキナーゼやアスタキサンチンなど物忘れに効果があるとされるものが数多くあるので、その中から予算や飲みやすさなどを見ながら購入していきましょう。メーカーによっては定期コースを用意していて、定期的に購入すると割引を行なっているところもあります。日頃から反復を重ねつつ、サプリメントも利用しながら予防していきましょう。