慢性疲労を改善して快適生活|健康食品メイクミーハッピー

善玉と悪玉があります

コレステロール

サプリメント

コレステロールにはHDLコレステロールとLDLコレステロールがあり、前者を善玉コレステロールと呼び、後者を悪玉コレステロールと呼んでいます。コレステロールは食べ物から摂取する場合と、肝臓等の臓器で作られる場合があり、実際には肝臓等の臓器で作られる方が断然多いのです。そして、善玉コレステロールが体内に蓄積されたコレステロールを排泄する働きがあるのに対し、悪玉コレステロールは逆にコレステロールを体内に蓄積させてしまうのです。コレステロールが体内に蓄積すると、動脈硬化が進行して最悪の場合心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまうのです。最近では悪玉コレステロールの値が善玉コレステロールの値の1.5倍以上になると動脈硬化のリスクが上がってくると考えられるようになりました。

コレステロールを下げる

悪玉コレステロールを下げるには、次の方法が考えられます。まずは、血液中のコレステロールを下げる働きがある食品を摂ることです。これには、DHAやEPA等のオメガ3脂肪酸を多く含む青魚等が良いとされています。次に、コレステロールの体内への吸収を抑える食品を多く摂ることです。これには、野菜や海藻類、大豆等があり、特に野菜や海藻類に含まれる食物繊維に悪玉コレステロールを抑える効果があるとされています。そして、肝機能を上げてコレステロールの処理能力を上げることです。これには魚介類に多く含まれるタウリンが良いとされています。また、これらの悪玉コレステロールを抑える働きがあると言われる成分から作られたサプリメントを利用するのも良い方法と言えます。